May 08, 2005

目の前のことをしっかりやると結果は自ずとついてくる

たまたまテレビをつけたら、「徹子の部屋」がやっていた。ゲストは山口もえさん。

「マツモトキヨシ」のCM出演で一躍有名になった彼女。ちょっと舌足らずなしゃべり方と天然ボケ?と思われるキャラを演出しているが、実はすごい精神力の持ち主なんだなあと感心してしまった。
もえさんは、CMのオーディションをかなり受けたらしいが、ほとんど落ちていたそうだ。

オーディションも通らないし、大学の勉強もしなければならない、と、これからどうすればいいのかわからなくなったとき、彼女は、「今できることをしっかりとやろう」と思い、「今、自分は勉強をするときだ」と学業に専念したそうだ。かなり勉強をして、なんと、大学3年生のときに4年生の単位まですべて取得。3年終了後には、大学卒業に必要な単位は揃っていたのだ。

そんな風に一生懸命やっていたら、「マツモトキヨシ」のCM出演が決まったそうだ。それがブレークして、4年生は、仕事が一杯で学校どころではなかったそうだ。だが、単位が取得できていたので、無事卒業できたということだ。

この話を聞いて、「すごい人だなあ」と思った。
同時に、今やるべきことをきちんとやっていれば、ちゃんと道は開けるのだなあ、と改めて思った。

彼女にしたらそれは結果論であるが、もし、学業もおろそかにして、芸能生活もうだうだしていたら、どこかで消え去っていただろう。

私がほんと数分、テレビをつけて、彼女から学んだことは、「目の前のことをしっかりとやれ」ということである。

ちょうど今、私はいろいろな局面を迎えている。ボランティア活動と本業の兼ね合いが厳しくなっていて、本業に影響を及ぼしている。

しかしどちらも大切なのだ。だからなんとか両立しようとしていたが、もえさんの話を聞いて、「あ、私が今やらなければならないことは、本業をきちんとやることだ」と思った。

ボランティア活動もどんどん広げれば楽しくなるし、有意義だ。だが、自分の本業は、今は大切な変化期だと思っている。だから、おろそかにしてはいけない。とにかく今やることは、本業の変化期を乗り切り、新しい道を安定させることである。

何気につけたテレビも、なぜかそれは必然のように思われる。偶然なんてないのかも。とにかくしっかりと今やるべきことをやっていこう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/makeinu_gogo/21282761